遠方視力

コンタクトレンズ、特にハードレンズはかなり重い近視も嬌正できるため、術後もレンズで見えているように見えると誤解される方がいます。しかし、強度近視の場合、ハードコンタクトレンズのように見えるようにはなりません。もちろん、初診やガイダンスでも、手術の事前説明書でもそうした点を充分に説明していますが、残念ながら結果を受け入れてもらえない場合もあります。

 

特に、強度近視で矯正された方は術後、かなりの遠視が出ます。徐々に遠視が減少すると非常によく見える時期を経験します。しかし、角膜が安定するまで近視の方向にやや戻る傾向があります。余分な遠視がなくなり、少しでも近視の領域に入ると、術後しばらく見えていた遠方視力が落ちてきますので、徐々に不満が出てきます。 一ヶ月検診で大喜びしても、六ヶ月検診では視力が下がって不満が出る例も少なくありません。そのため、私は常に視力は半年以上しないとわからないと説明しています。しかし、そうした方でもご自分の術前の近視がいかに重かったか自覚されて再手術を受けると非常に満足してくれます。そうした方から、何年たっても感謝の年賀状が送られてきたときは医師冥利に尽きる思いがします。

Leave a Reply